有名な格安スマホ会社を3つ紹介し、実際の使用した感想とスマホ端末を安く買う方法

大手携帯会社のスマホと比較すると、半額以下の料金で利用出来る格安スマホに興味を持つ人が増えてきています。
ですがサービスを提供する会社も増えてきたために、どの会社を選べばいいのか分からないという人も多いでしょう。
なので 格安スマホで有名な会社と、実際に使用した感想、格安スマホを安く買う方法について紹介します。

格安スマホで有名な会社を3つ紹介

格安スマホに新規参入する会社も増えてきていますが、選ぶサービス会社によってサービスの質に大きく差が生じてしまいます。そのため失敗しない格安スマホ選びとして、格安スマホで有名な会社を3つ紹介します。

まず1番人気は、ソフトバンクのサブブランド「ワイモバイル」です。
ソフトバンク系列という点で信頼感があり、ソフトバンクユーザーで乗り換える人が増えています。
また格安スマホと言えば、通信速度が遅く安定しないというイメージが強いですよね。

しかし「ワイモバイル」の場合は通信速度が速く比較的安定しています。
それで月額1980円と、大手携帯会社と比較して圧倒的に安いため、コストパフォーマンスがいいと満足度の高い会社です。またスマホ本体もアップル社や京セラなど、各メーカーの端末から選ぶ事が出来、品揃えの良さも魅力です。
またスマホ代を支払う際に、Yahoo!ポイントも貯まるので、ポイント面でもお得です。

2番目に人気があるのは「UQモバイル」です。
ワイモバイルと同様に通信速度が速く、料金プランが安く分かりやすいのが魅力です。
基本料金の中に、5分通話定額や無料通話が付いてくるので、通話料込みでも安くなります。

ただUQモバイルに契約する際には、2年縛りがある事を理解しておきましょう。く
大手携帯会社も同じように2年縛りがありますが、UQモバイルの場合は途中解約をすると解約料金が9500円発生します。

3番目に人気があるのは「楽天モバイル」です。
1番目と2番目はどちらも大手携帯会社のサブブランドなのに対して、楽天モバイルは新興勢力だと言えます。
従来の格安スマホの料金が安い分、サービスの質が悪いというイメージも今は昔の話になりつつあります。
格安スマホはどんどんサービスの質が向上し、料金が安いけれどサービスもいいに変わりつつあります。

格安スマホを実際に使用した感想

これから格安スマホに乗換えようと思っている人は、実際に格安スマホに乗換えた人が、満足しているのか後悔しているのか感想が気になりますよね。

実際に格安スマホに乗換えると大半の人が、月額料金が下がっています。
スマホの相場料金が7000円で、格安スマホは2000円なので、単純計算で1ヶ月で5000円安くなる計算です。
そして実際に格安スマホを使用してみて、不便さを感じる事も全くありません。

住んでいる地域によっては、通信速度が遅いと感じたり、通信データや通話が少なすぎると感じる人もいるかもしれません。
ですがスマホを利用している人の多くは、1ヶ月の通信データの容量は3GB以下の人が多く、また通話もあまり使用しない人が多いようです。そういう人であれば、スマホから格安スマホに乗換えたとしても、今までと同じようにスマホが使用出来て、料金がかなり安くなったとメリットの方が大きいと感じるはずです。

ただし、格安スマホは信用出来る会社の自分に合ったプランを選ぶ事が失敗しないポイントだと言えます。

格安スマホを安く買う方法について

では最後に格安スマホはサービス会社や料金プラン選びも重要ですが、スマホ端末が高すぎて、初期費用が高くついたら、せっかく料金プランが安くても、お得感が減ってしまいます。
なのでスマホ端末を安く買う方法について紹介します。

まず格安スマホ端末の料金の目安は1万円~4万円となっています。
ですがスマホ端末に関して言えば、料金によって大きく性能に差が生じます。
1万円台だと正直性能がイマイチと感じやすく、逆に4万円だと高性能すぎて格安スマホの通信速度ではその性能を活かす事が出来ません。なので格安スマホの端末を買う場合、2~3万円台の端末を買う事をオススメします。

ただし人によっては、大手携帯会社から格安スマホに乗換える際に、スマホ端末は買い替える必要があると思っている人もいるかもしれません。ですがその通信回線がドコモのレンタルであれば、ドコモのスマホは問題なく使用する事が出来ます。
同じくソフトバンク、auの端末が問題なく使用できるサービス会社も存在するので、スマホを買い換える前に確認してみて下さい。

買い替える場合は、安く買う方法として、ネットでSIMフリーの格安スマホを新規で購入する方法、中古の格安スマホを購入する方法、大手家電量販店で購入する方法があります。

ただしスマホ端末とSIMをセットで購入しない場合は、スマホ端末とSIMが対応しているかどうか確認して下さい。
あと料金的には中古が最も安く購入する事が可能ですが、不具合がある可能性があるため注意が必要です。

格安スマホをこれから検討したい人へ

今スマホを検討するときに大手の携帯電話会社ではなく格安スマホを選ぶ人が増えています。しかし格安スマホ大手の携帯電話と比べるとかなり値段が安いので、本当に大丈夫なのか、別に料金がかかるのではないか不安を抱えている人も多いでしょう。

ここでは格安スマホをこれから検討する人が検討しやすいように、コスパ面、メリットなど様々な切り口で検討していきたいと思います。ここを読めば安心して契約をすることができるようになるというようなサイトを目指しています。

格安スマホのコスパはいいと聞くけれどどれくらい?

格安スマホについて検討するときになぜ大手の携帯電話会社の電話ではなくて、格安スマホを選ぶのかと聞かれるとやはり値段が安いと答える人が多いでしょう。

しかもただ値段が安いというだけでなく、コスパがいいから選ぶというのが現状です。コストパフォーマンスが良いという事は、値段は安いのに、それを上回るような機能などがあるという事になります。大手の携帯電話会社と同様のサービスを利用できて、何一つ不都合や不便なことがないのにも関わらずかなり値段が安いので、これはコスパが高いといってもいいでしょう。このコスパにひかれて格安スマホを選ぶ人が増えています。

格安スマホを購入するならどこで買うべきなのか?

格安スマホを手に入れたいと思ったとき一番迷うのがどこの会社のどのプランなのか、それが重要ですよね。格安スマホを持つとき、そもそもどこで買うのがいいのかもわからない人も多いでしょう。

いくつか購入できる場所はあるのですが、それぞれの事情に粟褪せて選ぶといいでしょう。不安が多いという人は、格安スマホ専門店で購入するのが安心です。初心者で格安スマホについてあまりよく知らないという人は、不安もあるでしょうから、やはり専門店でしかもセット販売されているものを購入するのが安心です。

専門店には対面販売しているところもありますし、ネット販売しているところもあります。対面販売しているところで購入すればわからないことも聞くことができるので安心です。格安SIMと本体のセットで販売しているものを購入すれば、後で自分でセットアップしなければいけないなどの手間もありません。

すぐ通話することができますし、データ通信もすぐに使えるので便利でしょう。この購入方法はほぼ大手の携帯電話会社と同じだと思っていいでしょう。そして家電量販店で購入するという方法もあります。インターネットでの購入をしている人もいるかもしれないのですが、家電量販店でなら自分で手で見てあれこれいろいろと選ぶことができます。

業者も一つではなくいろいろと入っていますから、選び放題と言えますし、土日を除いて平日に行けば、スタッフに相談しやすいメリットもあります。土日や忙しい時間帯にいってしまうと、スタッフが忙しくて相談に乗ってもらえない、説明を受けられない場合もあるので平日を狙っていくといいでしょう。

家電量販店で購入する場合はセットもありますが、SIMと端末のバラバラでの購入も可能です。それぞれの会社が出しているサービスだけに着眼していかにコスパが良いものを選ぶかによっては、かなり安くなる可能性もあります。

格安スマホのメリットについて理解しておこう

格安スマホを持つならやはりメリットを知っておくべきでしょう。メリットを知った上で購入するのとしないのとでは違いますので、しっかりとメリットを理解しておきましょう。まず最初のメリットは自分に合うプランを選ぶことができるというメリットがあります。

格安スマホは自分が必要だと思うサービスのみを選んで申し込むことができます。そのために必要のないサービスはつけなくてもいいので、無駄なく効率よくサービスを受けることができるのです。例えば通話はほとんどしない人がかけ放題をつける必要はありません。

またショートメッセージを利用しないのであれば、ショートメッセージをつける必要もありません。自分でいろいろと選ぶことができるので便利です。サービスをできるだけつけずにシンプルなものにすれば、値段はどんどん下がるというメリットがあります。一か月の基本的なデータが、500MB、1GBといったそれほど容量が多くはないプランもありますので、スマホの使用頻度がそれほど多くはないという人はもっとコストを下げることができるというメリットがあります。

そして契約の縛りについてのメリットもあります。大手の携帯電話会社の多くが契約後2年は途中解約することで解除料を取られる可能性があります。解除料はちなみに9500円となっているのですが、ばからしいですよね。そのために2年は携帯電話会社を変えることができないという縛りがあります。しかし格安スマホにおいては、その縛りがありません。

長期の縛りがあるというところも中にはあるのですが、大半がないので変更することもできるのです。だいたい1年から半年、早いところでは180日に設定しているところもあります。

もちろんこれらの会社でも最低利用期間中の解約は解除料が必要で、その値段は大手と変わりませんが、2年も同じ会社を持ち続けるのはちょっと苦手だと思っている人にとっては格安スマホはその縛りがないというだけでメリットになるのかもしれませんね。

そして番号ポータビリティについては乗り換えたときでも新しい会社でも同じ番号を引き継ぐことが可能です。その際は手数料として2000円から3000円は必要になりますが、それでも同じ番号が引き継げるのは便利ですね。メリットが沢山ありますので格安スマホに今乗り換えている人はどんどん増えているような状況です。

乗り換えるにあたって大手からの場合は、いろいろと不安もあるかとは思うのですが、不安は解消してからにしたほうがいいですから、不安を解消させるためにも、まずは相談をして話を聞いてみるといいでしょう。

携帯電話会社はもちろん家電量販店にも詳しいスタッフがいて親切丁寧に説明してくれるはずですので、その説明を聞けば、きっと安心して購入することができるでしょう。理解していて不安がない人であればネットからの購入も可能です。