格安スマホでパケ死しない料金プランの選び方とデータ容量の抑え方

2018-01-31

スマホを使用する際に、重要な事はパケット通信料がいくらになるかという点です。
大手携帯会社のスマホプランであれば、パケットの定額制が一般的となっています。
定額制ならいくら使用してもパケット通信料は一定なので、パケ死する心配がありません。
では格安スマホの場合は、パケ死するリスクがあるのでしょうか?

格安スマホを使用してパケ死する事ってあるの?

そもそもパケ死とは何かというと、パケット通信料が想像以上の高額になってしまい、支払いが困難な状況に陥ってしまう事です。現在大手携帯会社のパケット定額制プランに入っている人でも、請求書を見ると本来のパケット通信料は十数万円発生していて、それが定額制プランに入っているおかげで数千円の収まっている事に気づくはずです。

特にスマホが普及してから動画配信やゲームなど、通信できるデータが飛躍的に増えた事で、パケット量が増えている事を理解しておく必要があります。
その上で、自分が使用する月額のパケット量に合わせて、スマホのプランを選ぶ必要があります。

では格安スマホの場合は、パケット量に応じてどのようなプランが用意されているのでしょうか?

パケ死にならない格安スマホのプラン選びについて

パケ死にならないようにするには、格安スマホでもパケット定額プランに入るのが安心。
そう思う人も多いはずです。
しかしながら、パケット定額プランに入りたくても、格安スマホの大半は、パケット定額プランが用意されていません。それならいくら設定料金が安くても、パケット通信料に凄くお金がかかってしまうのでは?

そんな心配になる人もいるかもしれません。
ですが格安スマホは、パケット定額というサービス名のプランが存在しないだけで、月に支払う総額は大手携帯会社のスマホ料金と比べて、ちゃんと安くなる仕組みになっています。

データ容量に応じて、プランが用意されていて、データ無制限のプランなら定額プランと同じように使いたい放題のプランです。また格安スマホは、自宅のネットのWi‐Fiを活用したり、コンビニなどの無料Wi‐Fiスポットを活用するなど工夫次第で使用するデータ容量を抑える事が可能です。