1月, 2018年

大手携帯会社と格安スマホの値段とサービスの比較について

2018-01-31

現在大手携帯会社でスマホを利用しているという人は多いでしょう。ですが大手携帯会社のスマホの値段は本体価格も月額使用料も非常に高額で、もう少しスマホの料金を安く抑えたいと思っている人は多いでしょう。では最近注目を集めている格安スマホの値段は大手携帯会社のスマホと比較してどれぐらい安いのでしょうか?

大手携帯会社と格安スマホの値段の比較

まず大手携帯会社のスマホの月額料金の内訳は、通話料、通信料、オプション、端末代から割引料金を差し引いた金額で、相場料金は通信料を3GB以下と想定し、7000円前後となります。
3GB以上のヘビーユーザーや高額な端末を選んだ場合は、月額料金が1万円を超える人も少なくないでしょう。

では次は格安スマホの値段を紹介します。
格安スマホとは格安SIMを使用する方法で、サービスを提供する会社によって多少料金に違いはありますが、同じく通信料を3GB以下のプランにした場合は、月額料金は1000円前後となります。
格安スマホの場合は、端末料金が分割で支払い月額料金に含まれるという事はないので、端末料金の初期費用が発生します。ですがそれを考慮したとしても、相場料金が7000円と1000円では、6000円の差があるので格安スマホの方がお得である事は間違いありません。

値段がお得な格安スマホのデメリットについて

値段的な面で比較すると、当然ながら格安スマホが断然お得でメリットが大きいと言えます。
格安スマホを利用する人が増加傾向にあるとは言え、現時点ではまだまだ大手携帯会社のスマホを利用する人が圧倒的に優勢なのはなぜでしょうか?

その理由を探るために、格安スマホのデメリットについても紹介します。
格安スマホは、サービスが手薄でトラブルが発生した場合にサポートしてもらえず自分で解決しなければいけません。

また大手携帯会社が提供しているサービスは使用する事が出来ない為、不便さを感じる事もあるかもしれません。
ですが、サービスを充実させるところも増えてきているので、今後はどんどん格安スマホの使い勝手はよくなってくると言えるでしょう。

格安スマホは用途に合わせて自分に合ったプランを選ぼう

2018-01-31

格安スマホは、サービスを提供している会社だけでも30社近く存在する上に、プランを組み合わせると数百種類以上存在すると言われています。それだけ選択肢が増えるとかえって何を選べばいいのか分からなくなってしまいますよね。
そのため格安スマホにはどのようなプランがあるのかいくつか紹介していきます。

格安スマホのプランを選ぶ前に知っておきたい事

まず先に格安スマホのプランを選ぶ前に、格安スマホで出来る事と出来ない事についてキチンを把握しておく事が重要です。格安スマホでもショートメッセージやインターネット、通話、各種アプリの利用、緊急速報などの基本的な機能は全て利用する事が可能です。

ですが大手携帯会社が提供しているサービスは利用する事が出来ないので、出来ない事もいくつかあります。
携帯会社が提供しているメールの利用や各種割引サービス、家族間での無料通話サービス、アプリの機能の一部は利用出来なくなります。

もしあなたが格安スマホでは出来なくなる事に、不便だと思うのであれば、安易に格安スマホに変える事はオススメ出来ません。また格安スマホで出来る事も紹介しましたが、選ぶプランの内容によっては出来る、出来ないが変わってくるので、自分がスマホで何が出来ないと困るのか、プランを選ぶ前にスマホの用途を明確にしておきましょう。

格安スマホのプランの種類と選び方

格安スマホでは、パケット定額プランがありません。
代わりにパケットの使用量に応じて、3GB、5GB、無制限などのプランを選ぶ事が可能です。
また普段スマホではほとんど通話をしないという人や通話はガラゲーでスマホとガラゲーを併用するという人だと格安スマホでは通話プランは必要ありません。

その場合は、データ通信のみの格安プランをオススメします。
もちろん格安スマホ1台のみの所有でデータ通信も通話もどちらも利用したいという人であれば、通話プランもつける事が可能です。

格安スマホはどこがいいの?目的別の選び方のポイント

2018-01-31

スマホの料金相場は7000円ですが、毎月1万円以上支払っているという人も多いのではないでしょか?
ではそんなスマホの料金をもっと安くしたいと思っている人に、格安スマホをオススメします。

格安スマホはどこがいい?選び方のポイント

まず格安スマホと一言でいっても、サービスを提供している会社も増えて今では30社以上あると言われています。
なので格安スマホの選ぶポイントについて紹介していきます。
注意して欲しい事は、格安スマホを選ぶ時に、月額料金の安さだけで選ぶ事です。
確かに格安スマホは料金の安さが最大のメリットですが、月額料金が安くても使い勝手が悪ければ意味がありません。

安くても満足出来るサービスを提供している格安スマホ会社を選ぶ必要があります。
格安スマホを選ぶ際に、購入方法は大きく分類すると2つあります。

格安SIMとSIMフリーのスマホをセットで購入する方法と、格安SIMを申込み、SIMフリーのスマホはAmazonや家電量販店で別々に購入する方法です。セットで購入する方が種類を間違えずに購入出来るという点では安心ですが、選べる選択肢が少なくなります。
そのため初心者はセットを、ある程度格安スマホに詳しい人は別々で自分に合うプランを組み合わせて購入する事をオススメします。

格安スマホはどこがいい?オススメの格安スマホ

では次はオススメの格安スマホを紹介します。
月額料金やスマホ料金の安さ重視で、料金が安くてもサービス内容も無難なところをいくつか挙げると、NifMo、UQ mobile、エキサイトモバイルなどがオススメです。格安スマホの中では比較的大手の会社のサービスなので安心感もあります。

また格安スマホは通信速度が遅いところも少なくありません。
ですが通信速度が遅ければ、スマホを使用していてイライラしてしまいますよね。
なので通信速度の速さを重視して格安スマホを選ぶのであれば、NifMoがオススメだといえます。

格安スマホを選ぶ時に、何を重視するかによって選ぶポイントが変わってくるので、スマホで何をしたいのか明確にした上で格安スマホを選ぶと失敗が少なくなるでしょう。

格安スマホで通話し放題のプランをつける場合

2018-01-31

格安スマホのプランを選ぶ際に、パケットし放題に比べて、通話し放題のプランは割高設定です。
しかしせっかく格安スマホを利用していて、月額料金が高くなってしまったら、格安スマホの意味がありません。
なので格安スマホで通話し放題でお得なプランを紹介します。

格安スマホは通話し放題で料金が高くなる?

例えば格安スマホの月額料金で安いプランは、通信のみとなっています。
つまり料金重視で格安スマホのプランを選ぶのであれば、通信のみで通話出来ないプランだという事です。
ですがスマホでは通信さえ出来たら通話は必要ないと思っている人も少なくありません。

その理由はスマホで通話をしなくても、LINEでリアルタイムでコミュニケーションを取る事が可能だからです。
でも人によっては仕事で電話をよくかけるという人や恋人や家族とは文字のやり取りでコミュニケーションをするのではなく、相手の声を聞きたいという人もいるでしょう。
では格安スマホで通話し放題のプランをつけたいという人のために、オススメのプランを紹介します。

格安スマホで通話し放題でオススメしたいプラン

ちなみに大手携帯会社のプランは通話し放題の料金設定が高い上に、強制加入となっているため、月額料金がどうしても高くなってしまいます。格安スマホの場合は、強制加入ではありませんし、通話し放題のプラン内容も充実しています。ではどのような種類があるのか紹介します。

まずMVNOで通話し放題プランのサービスを提供している会社はいくつもありますが、ほとんどの会社は10分以内のかけ放題で800~850円の料金設定となっています。ただ10分では短すぎる、時間を気にせずに通話したいという人にオススメしたい完全通話し放題プランを提供しているのは、現時点でワイモバイルのみで料金は1000円のプランとなっています。またMVNOの通話し放題の場合、大手携帯会社と同じ回線を利用する事が出来ません。

そのためIP電話限定や専用アプリを利用して通話するため、音質に違いがあります。
特にIP電話は音質が悪い事を理解しておく必要があります。

格安スマホでパケ死しない料金プランの選び方とデータ容量の抑え方

2018-01-31

スマホを使用する際に、重要な事はパケット通信料がいくらになるかという点です。
大手携帯会社のスマホプランであれば、パケットの定額制が一般的となっています。
定額制ならいくら使用してもパケット通信料は一定なので、パケ死する心配がありません。
では格安スマホの場合は、パケ死するリスクがあるのでしょうか?

格安スマホを使用してパケ死する事ってあるの?

そもそもパケ死とは何かというと、パケット通信料が想像以上の高額になってしまい、支払いが困難な状況に陥ってしまう事です。現在大手携帯会社のパケット定額制プランに入っている人でも、請求書を見ると本来のパケット通信料は十数万円発生していて、それが定額制プランに入っているおかげで数千円の収まっている事に気づくはずです。

特にスマホが普及してから動画配信やゲームなど、通信できるデータが飛躍的に増えた事で、パケット量が増えている事を理解しておく必要があります。
その上で、自分が使用する月額のパケット量に合わせて、スマホのプランを選ぶ必要があります。

では格安スマホの場合は、パケット量に応じてどのようなプランが用意されているのでしょうか?

パケ死にならない格安スマホのプラン選びについて

パケ死にならないようにするには、格安スマホでもパケット定額プランに入るのが安心。
そう思う人も多いはずです。
しかしながら、パケット定額プランに入りたくても、格安スマホの大半は、パケット定額プランが用意されていません。それならいくら設定料金が安くても、パケット通信料に凄くお金がかかってしまうのでは?

そんな心配になる人もいるかもしれません。
ですが格安スマホは、パケット定額というサービス名のプランが存在しないだけで、月に支払う総額は大手携帯会社のスマホ料金と比べて、ちゃんと安くなる仕組みになっています。

データ容量に応じて、プランが用意されていて、データ無制限のプランなら定額プランと同じように使いたい放題のプランです。また格安スマホは、自宅のネットのWi‐Fiを活用したり、コンビニなどの無料Wi‐Fiスポットを活用するなど工夫次第で使用するデータ容量を抑える事が可能です。